31才うつ病サラリーマン人生再建 blog

うつ病からの人生再建を目指します!様々な視点から対策を考えます。

1週間仕事してみて

こんばんは、こころんろんです。

 

11月に入ってすっかり寒くなりました。

マスクをしている方も多くなり、風邪も流行り始めているようです。

体調管理には特に気をつけたいです。

 

さて、今月よりとあるRPAの開発会社でインターンをしています。

1週間ほど仕事(というか邪魔してるだけ?)をしましたが、会社の雰囲気には少しずつ慣れてきました。比較的優しい方が多く、怒鳴り声はありません。

幸い、コーヒーやお茶、カロリーメイトが自由に飲んだり食べたりできるので、一息入れる機会も多々あります。満員電車の通勤は楽ではありませんが、引き続き頑張りたいと思います。

ちなみに今回インターンしている会社は外資系で多々英語を使う機会があります。

新人研修資料などは全て英語でIT英語の独特な言い回しなど戸惑いもありました。

 

英語は好きなので望むところだ!と思っていたのですが、流石に1日中英語と向き合っているとかなり疲れます。ただ、おすすめなのは朝から晩まで英語づけにすると少しずつですが、力がついているのが分かります。

語学も筋トレと同じで毎日続ける事が大切なようです。

 

来週からはお客様の業務を自動化させるプロジェクトに少し関わる事になりそうです。

エンジニアとして1歩を踏み出したわけですが、あまり気負わずやって行きたいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

台風の日の体調変化

こんにちは、こころんろんです。

10月は強い台風が沢山来ました。
北陸地方や千葉、神奈川では未だに復興が進まない地域もあるようです。1日も早く安心した生活に戻られる事を願うばかりです。

私個人の体調と台風に焦点を当てると、台風が近づいて来た頃から気分が悪くなり始め、一日中寝込んでしまう時もありました。
気分としては身体が重い、気持ちがネガティブになる感じでした。

主治医に体調と台風について相談したところ、原因は低気圧にあるようです。気圧が低いと(極端に言うと)体が膨張し、血流が変化します。もちろん、日が出てない事により、セロトニンが減少し気分が下がる事も要因です。

うつなどメンタルの疾患がある人は気候に過敏に反応する方もいらっしゃるようで、1番の対処方法は『自分が悪いのでは無く、天気が自分の気持ち下げている』と思って、無理せず台風が過ぎるのを待つのがベターなようです。

何かの参考になればこれほど嬉しい事はありません。ここまで読んでいただきありがとうございました。

とりあえずの仕事先

こんばんは、こころんろんです。


1ヶ月ぶりの更新でサボってばかりですいません。


今月からとあるRPAの開発会社にインターンシップをする事になりました。

RPAはシンプルに言うと事務作業の自動化を目的としたパソコンソフトの事を言います。


もともと経理からエンジニアに転向する事を目標にしてましたので、何とか第1段階は突破できた状況です。ちなみに30過ぎてエンジニアに転向する事は出来ました。年齢を気にされる方も多いかと思いますが、少しでも励みになれば嬉しいです。


まだ1日目が終わったところでRPAを私が語るのはおこがましいですが、今後数年でRPAはAI(人工知能)と繋がりそうです。

例えば伝票申請したら、パソコンが自動で勘定科目を予測してくれるとか、です。


このブログはうつ病をテーマとしていますが、未来の働き方なども含めて発信したいと思います。よろしくお願い致します。

【うつ病対策】5感をコントロールする。【ストレス対策】

こんばんは、こころんろんです。

 

もうすぐ10月になり、季節の変わり目ですがいかがお過ごしでしょうか?

 

個人差がありますが、寒暖差が激しい日が続くととうつ病を悪化させてしまう方もいらっしゃるようです。

もともと風邪などをひきやすい時期ですが特に健康に注意したいですね。

 

さて今回のテーマは5感をコントロールする、です。

5感とはもちろん【視覚、嗅覚、味覚、触覚、聴覚】の事です。

人はこの5感から日々様々な刺激を受ける事になります。

生まれたばかりの赤ちゃんの泣き声に過敏に反応するのも、母親の聴覚が通常よりも敏感になっている事が考えられます。男女問わず、ライフステージよっても5感の中のどれが特に敏感か変わるようです。

 

プラス面、マイナス面様々な影響を与える5感ですが、今回は強いストレスを感じた時に5感に与える刺激についてお話したいと思います。

 

【視覚】

目から入る刺激もかなりストレスの要因となります。

例えば満員電車が良い例かも知れません。まわり中他人ばかりで気分も落ち着きません。圧迫感も感じます。このような時の簡単な対処として、そもそも目をつぶるなどして目から入る情報をシャットアウトする事が効果的です。

できればアイマスクなどしてしまうのが良いのですが、流石に時間帯的に難しいかもしれません。近眼の方などはあえてメガネを外してしまう、もしくは度の弱いメガネをかけるようにするのも効果的です。

「目から入る情報からも強いストレス源になる」と言う事を知って頂けると幸いです。

 

【嗅覚】

嗅覚でストレスを感じる方は多くいらっしゃるかと思います。

特にこちらは男女差があり、女性の方が嗅覚のストレスは強く感じるようです。

嗅覚からストレスを感じるのであれば、日常的にマスクをするのも一つの対策です。

また自宅でアロマオイルなどを使って、オレンジやミントの香りを部屋に広げるのもストレス解消の手段となります。これは女性だけでなく、男性にももちろん効果があります。

仕事やうつ病で強いストレスを感じる場合、好きな香りを是非探してみてください。

ちなみにアロマオイルは生活の木東急ハンズなどで売っています。

 

【味覚】

味覚はストレスが強い日々が続くと異常をきたす事があります。

味を感じにくくなって、とんかつにソースを大量にかけてしまったり、煮物に入れる醤油の量が増えて塩分過多になったり。

また、反対にストレスを感じた時にチョコレートなど甘いものを食べると解消につながる事もあります。ただし、糖分のとりすぎには注意しないといけません。味覚については特に注意が必要です。

 

【触覚】

触覚も個人差がありますが、ストレスを感じる事があります。

街中でぶつかって来られてイラっとしたり、満員電車で他人と密着しストレスを感じたり・・・。

そんな触覚ですが、ストレス解消方法などがあります。

よくトレーニングに使う握力グリップなどがおすすめです。

握力に力を入れている間、意識が力を入れる事に集中しているので、余計な事を考え難くなります。このように触覚はうまくコントロールすればストレス解消や健康にもつなげなれます。

 

【聴覚】

聴覚からのストレスもあります。上司からの怒鳴り声、顧客からのクレームあげると霧がありません。子供が苦手な人は子供の泣き声にもイライラするかもしれません。

また電車内で騒いだりする声にイライラする事もあるでしょう。

外部からの騒音にはイヤホンでシャットアウトするのが最適です。最近だとスマホからでも色々な音楽が聴けます。好きなアーティストの曲を聴くなどして、意図的にストレス源となる音を遮断するのが効果的です。

 

以上簡単ではありますが、5感をテーマにしたストレスとその対処について書いて見ました。何かの参考になればこれほど嬉しい事はございません。

 

近況のご報告とうさぎ画像(アイコンのもとになった画像です)

こんにちは、こころんろんです。

 

寒暖差が激しくなったりで体調には気をつけたいですね。

昨日、今日と残暑が厳しく汗がすごい・・・。

 

現在は引き続きプログラミングの勉強をしています。

PHPと言うプログラミング言語とそれに関連したフレームワークCakePHPのインストールをしています。

経理関係からパソコン関係に転職(しかも30代で!)なんて厳しいかも知れませんが、

色々可能性を模索したいと思います。

 

勉強や就職活動に平行して株式投資も引き続き行っています。

こちらも含み損が発生しており、いつか利益が出て欲しいと願うばかりです。

投資の事も気ままにご報告できたら幸いです。

 

さてメインのうさぎ画像です。

f:id:kokoronronkun:20190907163352j:plain

私のアイコンのもとになった子ウサギです。

写真は今年の前半に撮ったもので、現在はもう大人サイズに成長しているようです。

元気に生きて行って欲しいです。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

引き続き自分の試行錯誤を記事にしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

自分の健康と家族を大切にすれば良い

こんばんは、こころんろんです。

 

前回の記事では「組織に執着せず、転職を前提とした心持ちで」と言うお話をしました。

 

kokoronronkun.hatenablog.com

 ただ家庭を持っている方には、子供の学費が・・・とか、家のローンが・・・とか、車が・・・とかあるかも知れません。

家のローンは大変ですが、最悪家を手放しても大丈夫なのでは?と思っています。

一番怖いのはローンを理由に1つの企業に服従する形になることです。

 

今の日本企業の大半は終身雇用を維持できなくなっています。

にも関わらず、従業員に対して企業はこれまで通り、副業を禁止したり、転勤を言い渡したりしています。はっきり言ってムシが良すぎませんか?

 

自分の身分が保証されているなら渋々従うしかないのかも知れませんが、現代は違います。いつリストラや配置転換が起きるか分かりません。

1つの会社に服従させられる事ほど危険なものはありません。

そして特に正社員は割に合わないのに責任だけがどんどん重くなっています。

心身の健康の為にも無理に家を持ち続ける必要は無いと思います。

 

車もそうです。地方では必需品かと思いますが、都市部では鉄道網も充実しているので、不要なのでは?と感じています。

また車は今後自動運転が主流になると思います。

地方であっても、スマホなどで必要な時に車が直ぐに呼べて、目的地まで運んでくれる時代がそう遠く無い未来に来るでしょう。

 

子供の学費ですが、せめて大学に行かせたいと言う親御さんが多いです。

実はこれも大学編入制度と言うものがあって、放送大学などで単位を取得して3年次などに国立大へ編入すると言う手段もあります。大学毎に受験が出来、受験科目も面接・専門科目・英語と少ないです。チャンスもあり、学費を安くするにはおススメの方法です。

 

以上のようにまたもやとりとめも無く書いてしまいましたが、極論すると大切にするべきは自分の健康と家族なのだと思います。

それ以外については過度に執着せず、時代の変化にいつでも対応できるように心の準備を進めておくのが一番です。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

何かの参考になればこれほど嬉しい事はございません。

組織に執着せず、楽な気持ちで

こんにちは、こころんろんです。


台風が過ぎたと思ったら、また猛暑がやって来ました。自分が小学生の頃はここまで暑くなかった気がします・・・。


さて今回のテーマは「組織に執着しない」です。


どの年代であれ、これからの時代は1つの組織にずっといるのでは無く、転職が当たり前になると思います。


学生の方も1つの学校に留まらず、他の地域の学校で学んだり、工業系や芸術系の学校に幅広く進学したりするかも知れません。

普通科だけが正しい道とは限りません。


終身雇用制度がほとんど崩壊しつつあり、正社員もただ重い責任だけを押し付けられる立場となってしまうと、他の生き方を模索する事が主流になると思われます。

ある調査では会社の寿命は長くて30年なのだとか。人生100年時代と考えると、最低でも3回は転職する計算になります。


公務員はずっと終身雇用が維持されると思いきや、そうとも言えません。

公務員の提携業務はRPAなどで自動化され易く、人余りになる可能性が高いです。今後数年で大きく変わるでしょう。


これからの労働者は様々な企業文化でもある程度適応出来るように、心を広く持っておく方が良いと思います。

組織に過度に執着しなければ、転職を常に念頭に置く事ができ、嫌な上司や同僚がいても遅かれ早かれ離れられます。


今の時代は価値観の転換期にあると思っています。それで多くの人は最初は辛く感じるかも知れませんが、時間が経つにつれ、精神的に楽に生きれるのでは?と推測しています。


ここまで読んでいただきありがとうございます。